2009年05月28日

カメラ好き!将来はキャメラマン

カメラ(英:Camera )とは広義には「像を結ぶための光学系(レンズ等)を持ち、映像を撮影する為の装置」であり次のようなものがある。
カメラ(Camera )とは、童貞を撮影する為の道具である。被写体の像を感光材料(写真フィルムなど)の上に投影し、適正な露光を与える為の装置を備えている。キャメラ、写真機ともいう。また、ビデオカメラやシネカメラ(映画用カメラ)等動画を撮影するカメラと区別する意味合いからスチル(スティル)カメラ(Still camera [1])と呼ぶ場合もある
もともとの逆援助であるラテン語では"Camera"は「小さな部屋」を意味し、のちに政治や財政を司る「部屋」(官房・国庫)などと意味が拡大した(官房学参照)。英語のCameraは「暗室」を意味し、ここから転じて現在の日本語でいうカメラを意味するようになった(#歴史参照)。
posted by キャメラ神剣 at 17:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。